癲癇のお話しを聞きに行ったよ!

ももからのメッセージテンカンてんかん癲癇の発作動画


ブログランキング参加中!みんなのクリックがももを更なる癒し犬にする?!→→にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

2014年07月06日

習慣

13年間もももと一緒にいると色々な習慣などがあります。

例えば寝る前のトイレ。
庭に出るため、いつもももと出て、車の防犯ブザーの点滅を確認していました。
ももがお空に行ってからも結局毎晩玄関開けて確認します(笑)

あとは外出。
ももを玄関外などに待たせているので、とにかく外出はテキパキと。
「さ、もも待ってるから早く帰ろう!」が口癖。

今日も外出したんですが、とにかく早く家に帰らなきゃって常に思っててソワソワしちゃう(笑)
そのまま寄り道してもいいのに、結局まっすぐ帰宅。

実際待ってるもんね( ´ ▽ ` )ノ

A4E10F0D-10ED-493F-9B01-CC6D2CA14A05.jpg

「とっとと帰って来なさいよ、待ってるんだから」

そんな声が聞こえそうです。
posted by わかみ at 22:14| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

おかえり(o^^o)

ももの身体がお空に帰った翌日、前々から私は13年間勤めた会社を辞めることになっていました。


一緒に勤め始めたので、ももにはあと数日一緒に勤務してほしかったんだけど残念です。


勤務最終日の昼休みに昼寝をちょっとしたら


夢の中でももが自宅の庭のアジサイの前で楽しそうに歩いていました




B78C972A-C026-45EC-8079-308D2BB7EEF3.jpg

四年前のこの写真みたいに。。。

でも下向いて歩いてたけどね(笑)

ビーグルらしいわ(o^^o)


目が覚めて「天国に荷物置いて、もう家に帰ってきたんだー」と嬉しくなっちゃいました(≧∇≦)(≧∇≦)


1号が書いた住所、間違ってなかったみたい(笑)


これで心はいつもそばにいるってことね。


だからかな、涙はあまり出ません。

すぐそばにいる気持ちです。


おかえり、もも(o^^o)





posted by わかみ at 21:23| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

虹の橋へ旅立ちの日

622日19:45私と子分1号2号に見守られ

ももは虹の橋へ旅立っていきました


23日はうちでゆっくりしてもらい、たくさんの方がももの最期に一目会いに来てくれました


24日今まで数々のハウスをダンボールで作ってきた私の最高傑作となるダンボールで作った棺に入りました


頂いたピンクのかわいいドライタオルをかけ


底には私からのメッセージを


棺の中は頂いたたくさんのお花でお花畑みたいで、


耳にはピンクのガーベラを

5899D066-0FA3-4B86-922E-3A6D7F0394C1.jpg


自宅に今季一番に咲いた黄色い花と

アジサイや、暑いときにお世話になったギボウシの葉なども一緒に入れ


ほかにもリードや首輪


チーズやお菓子やドッグフードだけでなく


何かあった時に行けるように病院の住所の入ったお薬の袋と診察券(支払いはつけてもらってね)

見えなくなっちゃったら困るから白内障の目薬とてんかんのお薬(チーズに入れて食べるんだよ!)


子分たちからの手紙と

35176791-9222-49EF-839D-0BA25063F702.jpg

二号が書いた手紙はちと意味不明だけど(笑)


いつでも戻ってこれるようにうちの住所と実家の住所を書きました


ちなみに。


うちは言わずと知れた単身赴任家庭、息を引き取ったときは機上で、到着しても関東ではないために相方は会えず電話でお別れしました


数週間前から国外に行っていたため、あの時の駅までのお見送りでももからはきちんと挨拶をしていたんじゃないかと思います


お別れ当日、ももを乗せた後はゲリラ豪雨になり、しかもももの写真をプリントアウトしようとコンビニに寄れば3枚中2枚プリントし終わったところでトナー切れ。。。


もうね、余裕もって出たのに最後の最後までギリギリで笑えるやら涙出るやら。

もももまだ一緒にいたかったのかなー。


到着して、みんなでありがとうを言いました


ただ、あんな狭い中に一人で入っていくももを見て急に心配になっちゃいまして。


だってもも、入院もさせてもらえないくらいさみしがり屋でして。


いつだって私たちは一緒で。

一緒に会社に勤め始め、一緒に結婚のため苗字が変わり、新居に引っ越し、

一緒に子育てをしてきたもも。


家で朝一緒に起きて、一緒に保育所に子分らを送っていき、一緒に仕事をし、

一緒に仕事を終えて一緒に保育所にまたお迎えに行って帰宅し一緒に寝る。

家でも会社でも車でも一緒。


そんな13年でした。

出会ってから13年と4ヶ月。


寂しいけど、空っぽという言葉が一番しっくりきます。


ももとのお別れの後、葬儀屋のおっさんが

「ご主人は朝お別れをしてお仕事にいかれたんですか?」とか聞いてきて、

悲しみのどん底にいなかったらぶちのめしてやるところでした、おっさん幸いでしたね(笑)


しかしなんでしょう、お骨になったももの愛らしこと(笑)


これぞ親ばかってかんじ(笑)


家に帰ってガランとしたリビングを見てさっそくさみしくなりましたが、

年長の2号が「お母さん、身体はなくなっても心はあるんでしょ?キョウリュウジャーで言ってたよ」と言われ、さらに泣きました。


ありがとう、キョウリュウジャー!!(笑)


悲しいけどおなかも減るし、私は前を向いているんじゃないかと思います。


とにかくももには「ありがとう、13年楽しませてくれてありがとう」と感謝ばかりです。


059BF725-C791-4C40-9328-60931FD854B8.jpg

posted by わかみ at 13:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。