癲癇のお話しを聞きに行ったよ!

ももからのメッセージテンカンてんかん癲癇の発作動画


ブログランキング参加中!みんなのクリックがももを更なる癒し犬にする?!→→にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

2014年06月29日

6月22日

そしてついに6月22日。

朝から降っていた雨の中、私達は2号の大会に行くことになっていて、ももは実家にいる予定となっていました。

お気に入りの長座布団とササミ、ドッグフードを持たせ、ももの状態を伝え、「大丈夫、ももちゃんと寝てるから( ´ ▽ ` )」という母にお願いし、出発。

途中、「水を飲ましたり、ささみを小さくして時間を見ながら少しづつあげているけど寝てばかり少し変」とメールが来ましたが、
「寝てばかりで平気
最近ずっとそうだから
よろしくお願いしますm(__)m」と返信しました。

0D8AE794-F5F5-4536-AC20-B05A2538E021.jpg
その日に母が撮ったもも。

まさかこの晩に息を引き取るなんて思えないような表情。変わりない、いつものもも。

4時過ぎに実家に迎えに行き、実家でオシッコして、いい子いい子したな。

家に帰ってからは久々に排便もし、中に入ったら、残っていたドッグフードをガツガツ!と食べる姿を見て、「お腹空けば食べるんじゃん(笑)」と思ったものです。

このドッグフードが最後の食事でした。

その後はリビングでテレビを見る子分たちの間で爆睡。その間お風呂を済ませたり、リクエストの唐揚げを揚げていました。

「おおー!

おおーん!

おーー!」

わ「えっ(゚Д゚)誰?ももの声??」


1号「そうだよ、もも!」

ここ最近は鳴きもしなかったし、なによりそんな声は聞いたことがなくて驚きました。

その後二回くらい同じように鳴き、
「あ、唐揚げの匂いで食べたいのかなー?(o^^o)」って、揚げ物途中だったけどササミを用意してご飯場所に連れて来ました。

食べない。。。

そこで横になってました。

「おおーん」

やっぱ唐揚げ食べたいのか?(笑)

もうこの時点で私の頭は「唐揚げが食べたい相変わらずいやしいももは健在」くらいしか思わず(笑)本当に申し訳ない。

子分たちが食べ始めて、「?あれ?」と思い、膝に乗せて食事スタート。

ん?なんか変。

失禁

あれ?

やばい

すぐに1号が長座布団持って来てくれて横にした。

もう息、してない。。

みんなで泣きながら

「もも!息して!ももー!!」と呼ぶと、水泳の息継ぎみたいな息をしてくれました。

確か、次にした息継ぎが最後の呼吸だったかな。。。

ももはもがいたり、苦しんだりせずにとても穏やかに、1号2号私に囲まれて、19:45静かに永久の眠りにつきました。

まだ温かいももは眠ってるって言葉がぴったりで、悲しみもあったけど、苦しまないでよかったねって思えたり。正直なところ、一ヶ月前の日曜に倒れた時点で悲しいけど覚悟はしていたし、ももを介護したことで毎日精一杯向き合ってこれたのが良かったと。

ただ夢の中みたいで泣いては笑い、笑っては泣いての繰り返し、、、

9時前に姉ちゃん家族がチーズやお菓子を持ってきてくれました。

子分らが寝てから、ももの横にいてメモしてた「ももの温かさ、重みを足で感じながら過ごす23:05、まだ温かいのよ」って。
背中の下に私のつま先入れてたんだけど、あの感覚、絶対忘れない。ももの温かさ、ももの重さ、あの愛おしさ。

もも、ありがとう。







posted by わかみ at 22:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。